中畑監督は7日に復帰 インフルの症状改善「元気な姿を」

[ 2012年2月6日 19:10 ]

 DeNAは6日、インフルエンザに感染して静養していた中畑清監督が7日から現場復帰することになったと発表した。鼻詰まりなどの症状が治まり、球団が医師と相談して決めた。中畑監督は球団広報を通じ「新たな緊張感を持って臨みたい」とコメントした。

 中畑監督は離脱した3日以降、沖縄県宜野湾市内の宿舎の自室で静養に努めた。体調が良好だったため、6日は外での散歩を申し出たが、万全を期すため球団関係者が控えさせた。7日も激しい動きは制限するという。

 中畑監督は第2クールに向けて「ベテランも合流し、いよいよサバイバル。元気な姿をお見せしたい」という言葉で意気込みを表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年2月6日のニュース