阪神 4連敗で再び借金生活

[ 2011年9月13日 22:41 ]

セ・リーグ 阪神4-6中日

(9月13日 甲子園)
 阪神は4連敗で再び借金生活となった。「点を取れそうなところで取れなかった」と真弓監督。初回に2点を奪い同点。さらに2―5の4回にも代打浅井、大和の適時打で1点差に詰め寄った。だが、その後は好機をつくりながらもホームが遠い。6回は2死三塁で鳥谷が空振り三振。7回は無死二塁をものにできなかった。これで2位中日とのゲーム差も3に。「もう一つ出ればというところまではきている」と真弓監督は今後に期待してた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月13日のニュース