原監督も落胆「1点じゃ話にならない」

[ 2011年9月13日 22:39 ]

9回横浜無死満塁、藤田のゴロが遊撃手坂本の本塁悪送球を誘い、三走松本がサヨナラの生還。捕手阿部

セ・リーグ 巨人1-2横浜

(9月13日 横浜)
 坂本が本塁にまさかの悪送球…。巨人は、最下位の横浜を相手に痛すぎるサヨナラ負けを喫した。原監督は「内海はナイス投球だった。1点じゃ話にならないし、打撃の弱さを露呈した」と言うしかなかった。

 原監督への来季続投要請が明らかになった日に、苦い取りこぼしとなった。「切り替えていくしかない」と原監督は気丈に話したが、宙を舞う視線に落胆の色は隠せない。残りは28試合。首位ヤクルトとの差は6・5ゲームに開いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月13日のニュース