斎藤に8勝指令 あと3勝も「貯金で終わりたい」

[ 2011年9月13日 06:00 ]

 日本ハム・斎藤に「8勝指令」が出された。目下5勝4敗、防御率2・70の右腕は、今季残り最大で5試合の先発登板が見込まれる中、芝草投手コーチは「8勝が目標」と残り3勝のノルマを課した。

 現在パ・リーグの新人では楽天・塩見が最多の7勝、さらにロッテ・伊志嶺も規定打席に到達し打率・283を残しているが、8勝すれば逆転での新人王も見えてくる。斎藤自身も「貯金で終わりたい。貯金は多ければ多いほどいいと思います」と1つでも多く白星を積み重ねるつもりだ。

 今後は中5日で16日のソフトバンク戦(ヤフードーム)の先発が濃厚。前回対戦した8月14日(札幌ドーム)は6回途中2失点で勝ち負けはつかなかっただけに、「打線は手ごわい。でも前回はピンチがありながら踏ん張れたので、最少失点に抑えられれば」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月13日のニュース