ロッテ 橋本もサブローもFA行使あるぞ

[ 2008年10月3日 17:36 ]

 ロッテの橋本将捕手は3日、今季資格条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権について「ロッテが嫌いになったわけではないが、自分の価値も知りたい。すべてで迷っている」と行使する可能性を示した。

 今季で2年契約が切れるサブロー外野手もFA権行使が選択肢にある考えを示し、小野晋吾投手は態度を保留した。球団側は清水直行投手を含め、有力なFA権取得選手には残留を前提に話し合う方針。
 橋本は数少ない強打の捕手。FA宣言すれば、興味を示しているとみられるソフトバンクなど複数の球団が獲得に乗り出す可能性がある。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月3日のニュース