西武優勝パレードやって!所沢市が要望書

[ 2008年10月3日 06:00 ]

 初のVパレード実現へ向け、西武の地元・所沢市が球団に要望書を提出する。すでに当麻よし子所沢市長の元には9月24日、地元商店街、商工会議所青年部の計7団体の連名による「パレード要望書」が届けられている。市側は今週中にも球団を訪れる予定で、同市政策企画課関係者は「まず球団の意向をうかがいたい。ぜひ実現するよう願っています」と話した。

 かつての常勝軍団も、これまでパレード実施は1度もなし。今年は球団創設30周年の節目。加えて冠に「埼玉」を付け、地域密着を打ち出したばかり。パレードには絶好のタイミングといえる。小林球団社長も「(パレードを含め)地元ファンと一体になって喜べる場を検討したい」としており、日本シリーズなど全日程終了後の11月下旬にも実現の可能性が出てきた。

 ≪グラマンOK GGは絶望的≫前日のロッテ戦(千葉マリン)で右ひざに違和感を訴えたグラマンは所沢市内の病院でレントゲン検査。結果は軽い炎症で「たいしたことはなさそう。安心したよ」と渡辺監督。予定通り6日からの宮崎合宿に参加し、状態を見ながらCSに備える。一方、左足首骨膜炎で2軍調整中のG・G・佐藤のCS出場は絶望的で指揮官は「まだ痛みがあると言っている。日本シリーズも(間に合うか)どうかなというぐらい」とした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年10月3日のニュース