斎藤が屈辱の降板「いい球がなかった」

[ 2008年10月3日 16:32 ]

 【ドジャース10-3カブス】ドジャースの斎藤が2年ぶりのプレーオフ登板。9点差の九回に調整で投げたが、3連打を浴びて、1死も取れずに降板した。

 試合前に首脳陣から抑えでの起用を伝えられていたが、「高かったし、いい球がなかった。みんながいい状態なだけに残念」。チームは2連勝で本拠地へ戻る。「きっかけにして、いい方向に何とか切り替える」と話した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年10月3日のニュース