巨人・村田善が引退「自分なりに全うできた」

[ 2008年10月3日 14:08 ]

 巨人の村田善則捕手(34)が3日、現役引退を表明した。「けがで満足できるプレーができず、限界を感じた。16年間、自分なりに全うできた」と話した。

 村田善は1993年に長崎・佐世保実高からドラフト5位で巨人に入団。通算成績は301試合に出場し、打率2割1分3厘、6本塁打、43打点。今後はフロント入りする予定。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年10月3日のニュース