松井秀4番で安打放つ ヤ軍は3連勝

[ 2008年4月24日 09:39 ]

ホワイトソックス戦の5回、左前打を放つヤンキースの松井秀

 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手は23日、シカゴで行われたホワイトソックス戦に2試合連続の「4番・DH」で先発出場。2回の第1打席は遊飛失で出塁した。3回の第2打席は四球。5回の第3打席では2死から左前打を放って好機を築き、3点目のホームを踏んだ。6回の第4打席は三飛。9回の第5打席は空振り三振で4打数1安打だった。

 試合はヤンキースが6-4で勝って3連勝。

 ≪勝利に貢献≫4番に座って2試合目の松井秀が、追加点につながる好打を見せた。1―0の5回2死一塁、J・バスケスの外角速球を左前に打ち返して一、二塁に。続くポサダの二塁打で3点目のホームを踏んだ。
 それまでの2打席は「ちょっと遅れている感じがあった」という。安打は初球。「コンパクトに振ろうと思った。それが良かった」と振り返った。出場21試合のうち17試合で安打を放っている。「球の見極めは、ある程度できている」と打席で余裕がある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年4月24日のニュース