坂本 ミスター大興奮のV打で決めた

[ 2008年4月24日 06:00 ]

<巨・横>長嶋巨人軍終身名誉監督が観戦した試合で活躍した坂本は、木村拓(手前)とともに笑顔でファンの声援に応える

 【巨人6-2横浜】ミスターの前で19歳が燃えた。巨人は23日、鮮やかな逆転勝ちで横浜に連勝。1点を追う7回に1番・坂本勇人内野手(19)の決勝打など3連続適時打で一挙4点を挙げ、長嶋茂雄終身名誉監督(72)に今季3度目の観戦で初白星をプレゼントした。本塁打に頼りがちだった重量打線が前夜に続き、連打で快勝。3カードぶりの勝ち越しを決めた原巨人に、今まで欠けていた“しぶとさ”が出てきた。

【巨人グッズ


 狙って上がったお立ち台。10日ぶりとなった本拠地での逆転勝利に、坂本の口からは威勢のいい言葉が並んだ。
 「しびれる場面だったんですけど、ここで打ったらヒーローインタビューやなと思ってました。とにかく思い切って、燃えながら打席に入りました」
 1点を追う7回。谷の同点打に続いて打席に入った。2死一、二塁。初対戦の木塚に対し、初球は低めの直球を見逃して間合いを測った。2球目も同じく直球。内角球を思い切り振り抜いた打球は、左前に転がる勝ち越し打となった。「来た球を打つという気持ちだった。どっち(の方向)を狙って、とかはないです」。続く木村拓の中越え二塁打で生還すると、ベンチで表情を崩した。
 前夜は宇都宮からのバス移動のため東京ドームに隣接するホテルに宿泊。8時間の睡眠時間を確保し決勝打につなげた。ネット裏で観戦した長嶋終身名誉監督の前で初安打。長嶋氏は「谷と坂本がよく打った」と話し、7回の連打には思わず左手でテーブルを叩き、数百万円の時計のベルトの留め具が外れてしまうほど大興奮だったという。今季3試合目の観戦で初勝利を贈った19歳は「来ていたのは知っていました。勝利に貢献できて良かった」。キャンプ中に直接ゲキを飛ばされたミスターの期待に応えた。
 18日の広島戦(広島)から1番に座る。そんな中、周囲のアドバイスをしっかりと消化している。小笠原からは「1番でも変わらず積極的にいけ」と声を掛けられた。試合前のバント練習では、村田打撃コーチに「先っぽに当ててしっかり転がせ」と助言された。6回には犠打でチャンスを広げ小笠原のタイムリーを呼んだ。「バントは得意じゃない。しっかり転がそうという意識でした」と、結果で恩返しした。
 本塁打が出なくても、チームは今季2度目の逆転勝ちで3カードぶりのカード勝ち越し。3イニング連続得点は今季初だった。若手とベテランがかみ合った一戦に原監督は「きょうはどうしても取りたいゲームだった。しぶとくつなぐという点においてはいいものが出てきている。結果を見れば、ナイスゲームですね」と手応えを口にした。
 「連勝できたので、いい流れでいきたい」と坂本。勢いを呼ぶ1番打者の存在は大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年4月24日のニュース