寺原7回悔し…横浜4連敗

[ 2008年4月24日 06:00 ]

 【横浜2-6巨人】横浜先発の寺原が6回まで1失点の好投も右足がつるアクシデント。アイシングと電気治療を受けて7回のマウンドに向かったが2死一、二塁として降板。救援陣が打ちこまれての敗戦に「7回に連続死四球を与えたところに尽きます」とショックを隠しきれなかった。今季最多の4連敗を喫した大矢監督は「寺原は勝たしてやりたかったけど残念だった」と足早に球場を後にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2008年4月24日のニュース