救世主になれるか?ゴンザレス25日来日

[ 2008年4月24日 06:00 ]

 昨年3月に右ひじを手術し、母国プエルトリコでリハビリを行っていたヤクルトのゴンザレスが、25日に来日することが決まった。当面は2軍で調整するが、既に2月から捕手を座らせてブルペン投球を再開。起用法について高田監督は「いろんな形が考えられる」。現在投手2人、野手2人で1軍外国人枠は埋まっているが、一昨年に9勝を挙げた右腕の復帰は、不調のリオスやリグスにとって格好の発奮材料となりそうだ。

 ≪五十嵐が実践復帰≫開幕戦で左太腿裏を肉離れして2軍調整中だったヤクルトの五十嵐が、イースタン・楽天戦(八王子市上柚木)で実戦復帰した。1回を投げて1安打1失点。高田監督は「何試合か全力で投げられれば大丈夫」と話し、林昌勇(イム・チャンヨン)とダブル守護神を務める右腕の早期復帰を期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年4月24日のニュース