川上 3日以来のマウンドも中継ぎ失敗

[ 2008年4月24日 06:00 ]

<中・神>川上(右から2人目)は8回にリリーフ登板しピンチを招き落合監督(左から2人目)に声を掛けられる

 【中日2-3阪神】この日に出場選手登録された中日の川上が8回に登板。3日の巨人戦先発以来のマウンドも、結果的に勝敗を分ける1点となった新井のソロ本塁打を許した。1回2安打1失点の内容に「試合を壊した感じになったので申し訳ない。チームに迷惑をかけてしまった」と渋い表情。拙守からの逆転負けに落合監督は「(川井は)あのぐらい放ってくれれば大丈夫だ。この打線があれば、そのうち勝ち星がついてくる」と恒例の試合後インタビューを、わずか15秒で打ち切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年4月24日のニュース