フィッシングニュース

「王様」マダイ 納竿間際にOH!2・2キロ ワラサも出た

北沢さんは食い渋りの中も2・2キロのマダイを釣り上げた
Photo By スポニチ

 【菅野順也の釣り巡礼】秋のマダイ釣りシーズン到来!日本海では数・型ともに釣果が上昇中。“聖地”に潜む魚の王様は、ご機嫌うかがいの優しい誘いで釣り当てよう。 (スポニチAPC 菅野 順也)

 今春の乗っ込みで驚がくの食いが続いた新潟県直江津沖。3キロクラスがバタバタと数釣りの状態。「マダイの聖地」の面目躍如だ。

 秋のマダイ釣りシーズンでも好釣果が続いている直江津・えびすや釣具店の謙信丸へ乗り込んだ。かじを握る兼玉文明船長によれば「荒天で出船できなかった後なので本日は予測が難しいですが、魚影は濃いので姿は見られるでしょう」とのこと。午前5時、直江津港から出船。航程30分で水深65メートル前後、海底に根が広がるポイントへ到着。

 「上から45メートルでいったん止めてコマセをまきながら5メートル巻き上げて、40メートルのタナで釣ってください」とのアナウンスで釣りを開始。

 一流し目から2匹、上越のマダイが早速、姿を見せた。しかし、それからしばらく船上では魚信が遠のいてしまった。

 当日は仲乗りとして乗船していた若船長の武雄さんに食い渋り時におすすめの誘いを聞くと「2メートル巻き上げてからしばらく間を空けて、再び2メートル戻してみてください」とのこと。付け餌を違和感なくコマセに同調させるのも肝心だが、優しく誘って少しだけ餌を目立たせるのも魚に口を使わせるコツだ。

 親子船長の人柄でこの船に通っているという、富山市・四ツ谷浩人さん(54=会社員)の脇で若船長がタモを構えた。「3段引きを確認したのですが…。本命ではないけど、おいしい土産ができました」とワラサをキャッチ。

 マダイ釣りに初チャレンジの飯能市・吉沢健さん(31=会社員)は「強い引きで喜んだのに手応えが消えてしまいました。でも同行者の指導で要領は覚えたので何度でも挑戦しますよ」と痛恨のバラシを経験した後も奮闘。

 どうやら本日の「魚の王様」は、少々機嫌が優れないようだった。

 「数日間で潮が入れ替えになったようです。付け餌の戻り具合を見ながら打ち返しの時間を2〜5分の間で調整してみてください。もう少しポイントを探ってみましょう」と魚の着くスポットを回る兼玉船長。終盤まで若船長のすすめる誘いを実行していた私の竿も曲がって、小型だったがマダイをキャッチできた。

 そして納竿間際に、2週間前には15匹、前週も7匹釣ったという、上高井郡・北沢潤さん(44=会社員)が今回も実力を発揮。

 「大きいのが釣れる海域なので、ここが気に入っています。どんなに当たりの遠い日でも必ず手持ちで誘いを入れています」と、秋の空に映える2・2キロの良型で当日の締めを飾った。

 ▼当日使用のタックル 竿=がまかつ デルフィーノ 30―270、ハリ=同 真鯛王ケイムラパール 12号、ハリス=ヤマトヨテグス フロロハリス 8号メートル・5号5メートルの2段式、付け餌=マルキユー くわせ丸えび。

 ▼釣況 上信越地区東日本釣宿連合会所属、直江津・えびすや釣具店=(電)025(543)8316。乗合料金1万1000円(8時間便)。出船時間は要確認。

[ 2017年10月20日 07:16 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:10月20日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス