フィッシングニュース

佐藤家一丸V ニジ60・5センチ

“チーム”が団結して優勝の栄冠を勝ち取った佐藤さん一家
Photo By スポニチ

 芦ノ湖ルアー・フライ釣り大会】バリバスカップ2018スポニチ「芦ノ湖ルアー・フライ釣り大会」が21日、神奈川県箱根の芦ノ湖で開催され61人が参加した。ニジマスの部1位で60・5センチを釣り上げた佐藤隆之さん(41=会社員)が総合優勝を果たした。(笠原 然朗)

 散りかけの桜に夏を思わせる日差しが降り注ぐ。好天に恵まれた大会には家族や親子で参加する選手たちの姿も目立った。

 「例年になくよく釣れた」と大会のベースとなったフィッシングショップ・ノザキの野崎茂則さんが言う通り、桟橋前に設けられた検量所には次々と魚が持ち込まれてくる。

 通りすがりの外国人観光客も思わずスマホで記念…の大物もいる。

 優勝した佐藤さんは妻の良子さん(47=主婦)と愛息の璃青=りお=君(8=小3)と同船。“家族船”でハーリング。フライはゾンカー。トラウトの餌となるワカサギと似た泳ぎ方をする“鉄板”フライだ。

 まず最初に掛けたのは良子さん。倉石で44・3センチの良型。続いて立石で佐藤さんが優勝魚を釣り上げ、最後にプリンスで璃青君が22・8センチを釣り、両親に続いた。3人そろってニジマスを手にした。

 中学生の頃から行きつけの釣具店のお客さんに連れていってもらい芦ノ湖に通っていたという佐藤さんは普段、ここでサクラマスを狙っている。

 だが家族で来たときは別。妻子の先生役を引き受け「釣りに来させてもらっている」感謝の意味から家族サービスに徹する。

 勤めている会社には「優勝して新聞に載ると宣言して出場しました」と話す佐藤さんの横で璃青君は「(僕たち)チームだから」。

 家族で心を一つにして“公約”を果たした。

 ▼APCの目 水温12〜13度がマス類にとって適温といわれる。この日は12・5度と申し分なかったが早朝は無風。「釣りにはどうかな?」と野崎茂則さんもちょっぴり心配顔だったが、途中からほどよい南西の風。杞憂(きゆう)に終わり「これでベストコンディション!」となった。その言葉通り、検量台には次々と良型が乗せられた。これまで岸辺近くにいた群れも沖に出たのか、上位入賞者の釣れたポイントを見ても立岩、成蹊、竜宮殿、白浜、九頭竜……とさまざま。広範囲に散っていることを証明した。スレてないころはルアーが主流だったがマスも“学習”してこれからはフライに分が出てくる。ゴールデンウイークも近い。芦ノ湖のマスは待っている!(スポニチAPC 山本 有道)

 ▽主催

 スポーツニッポン新聞社

 東日本釣宿連合会

 ▽特別協賛

 モーリス

 ▽協賛

アングラーズシステム、エビスクラフト、エンドーアートクラフト、大塚食品、ORA、感動保存工房むらせ、康友丸、サクラ高級釣竿製造所、サニー商事、シップスマスト、シマノ、ジャルパック、上州屋、大同石油、ダイワ(グローブライド)、タックルベリー、ハイアールジャパンセールス、ハマムラフライ工房、ハヤブサ、マルキユー、室田商店、ルミカ、ワタナベ商会

[ 2018年4月25日 07:32 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(社会)

      ※集計期間:04月25日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス