福士加代子が1月で引退 あと2戦「全力で楽しんで走りたい」 女子長距離で五輪4大会連続出場

[ 2021年12月23日 05:30 ]

福士加代子
Photo By スポニチ

 陸上女子長距離で五輪に4大会連続出場した福士加代子(39、写真)が22日、来年1月で現役を引退する意向を明らかにした。

 1月16日の全国都道府県対抗女子駅伝を走った後、30日の大阪ハーフマラソンを最後に第一線を退く。所属するワコールの公式サイトで発表した。福士は04年アテネから北京、ロンドンと五輪3大会連続でトラック種目に出場。16年リオデジャネイロ五輪ではマラソンを走り14位だった。13年世界選手権のマラソンでは銅メダルを獲得した。

 福士は「あと2つのレースを今までと変わらず、全力で楽しんで走りたい」と記した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月23日のニュース