女子テニスツアー中国撤退に彭帥が遺憾の意 WTAサイモンCEOにメール

[ 2021年12月5日 05:30 ]

彭帥
Photo By 共同

 女子テニスの彭帥(中国)が張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告発した問題で、女子ツアーを統括するWTAが中国からの撤退を発表したことについて、彭が2日に遺憾の意を示すメールをWTAへ送ったと同国国営メディアCGTNの沈詩偉記者がツイッターで明かした。

 「WTAの不当な決定にショックを受けた」という彭がWTAのサイモンCEOに「文脈を外れた引用やプライバシーを悪用した発言をしないように求めた」という。真偽は不明。同記者は彭が消息不明と騒動になった際、同選手の近況とする写真をいち早く投稿していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月5日のニュース