×

“直ドラ”池村単独トップで前半を折り返す 逆転賞金王を狙う星野2打差追い上げ ゴルフ日本シリーズ

[ 2021年12月5日 12:21 ]

男子ゴルフ 日本シリーズJTカップ最終日 ( 2021年12月5日    東京都 東京よみうりCC=7023ヤード、パー70 )

<ゴルフ日本シリーズJT杯最終日>4番、ティーショットを放つ池村寛世(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 1打差の2位で出た池村寛世(ともよ、26=ディライトワークス)は出だしの1番でバーディーを奪う幸先の良い滑り出し。同じ最終組の首位の谷原秀人(43=国際スポーツ振興協会)がボギーを叩いたため、トップが入れ替わった。

 池村は直後の2番でボギーを叩いたものの、5番でグリーン右から12メートルのチップインバーディーを決め再び単独首位に。キャディーを務める婚約者の坂口琴音さんのサポートを受けながら、前半を通算11アンダーのトップで折り返した。

 谷原が1打差で続いている。

 今季の獲得賞金でランク1のチャン・キム(31=米国)と2356万円差の同ランク4位の星野陸也(25=興和)は、2つスコアを伸ばして前半を通算9アンダーで折り返した。同ランク3位の金谷拓実(23=Yogibo)は前半を33で回り通算7アンダーとしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月5日のニュース