土居、1回戦で敗れ涙 棄権の大坂気遣う「決断を後悔しなければいい」

[ 2021年6月2日 05:30 ]

テニス全仏オープン第2日 ( 2021年5月31日    パリ・ローランギャロス )

1回戦で敗退した土居(AP)
Photo By AP

 31日の女子シングルス1回戦で敗れた土居は、悔し涙を浮かべながら会見に応じた。

 大会を棄権した大坂については「びっくり。それほどつらかったのかなと思うが、決断を後悔しなければいい」と気遣った。

 会見の形が問題視されているが、「負けた後の会見は心地いいことではないが、仕事の一つ。義務としてやっていた部分もある」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月2日のニュース