西岡、元世界5位ツォンガ下し3年連続2回戦進出 大坂棄権は「悲しい」

[ 2021年6月2日 05:30 ]

テニス全仏オープン第2日 ( 2021年5月31日    パリ・ローランギャロス )

3年連続2回戦進出を決めた西岡(AP)
Photo By AP

 西岡は31日の男子シングルス1回戦で元世界5位のツォンガを破り、3年連続で2回戦に進出した。地元フランスの36歳の強打に食らいつき、自身の3倍以上となる73度もミスを引き出した。

 ツォンガが準優勝した08年全豪オープンはテレビ観戦しており、「そういう選手とプレーができ、テニス人生で思い出に残る試合になる」と感慨深げだった。

 大坂に関しては、「なおみちゃんの棄権は悲しい。苦しい中でも戦う姿を見たかった」と残念そうだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月2日のニュース