北海道銀行、中国に敗れ1勝2敗 カーリング女子世界選手権

[ 2021年5月3日 05:30 ]

1次リーグの中国戦で、作戦を話し合う吉村(手前中央)ら日本の選手たち(日本カーリング協会提供)
Photo By 共同

 カーリングの女子世界選手権第2日が1日に1次リーグがカナダ・カルガリーで行われ、日本代表の北海道銀行は中国に2―5で敗れて1勝2敗となった。

 日本は有利な後攻のエンドで複数得点できず、第9エンドに1点スチールを許すなど、じわじわと点差を離された。

 来年の北京冬季五輪出場枠が懸かる大会は新型コロナウイルス対策として、外部との接触を遮断する「バブル」方式で実施している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月3日のニュース