空手・荒賀、組手男子84キロ級決勝進出 五輪では75キロ超級代表

[ 2021年5月3日 05:30 ]

空手プレミアリーグ(PL)リスボン大会 ( 2021年5月2日    リスボン )

荒賀龍太郎
Photo By スポニチ

 組手男子84キロ級では五輪75キロ超級代表の荒賀龍太郎(30=荒賀道場)が決勝進出を決めた。

 昨年1月のPLパリ大会以来の実戦となった荒賀は決勝進出。初戦の2回戦はフランス選手を、3回戦はサウジアラビア選手を2―1とともに小差ながら下すと、準決勝では世界ランキング1位のアクタス(トルコ)に3―1で勝利した。

 昨年12月には新型コロナの陽性判定を受けて一時療養を余儀なくされたが、国際大会で過去6戦連続で表彰台に上り続ける“スピードドラゴン”が順調な仕上がりを見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月3日のニュース