北村夢が田中希実の猛追かわしてV 完全復活へ「国内無敗」目指す

[ 2021年5月3日 14:16 ]

陸上・静岡国際 ( 2021年5月3日    静岡市・静岡スタジアム )

 女子800メートル(タイムレース)は、この種目の17、18年日本選手権女王の北村夢(25=エディオン)が2分3秒05で優勝した。終盤は、東京五輪5000メートル代表の田中希実とデッドヒート。猛追をかわし、「後ろから希実ちゃんの足音が聞こえて、逃げなきゃと思っていた。ラスト100メートルはあまり覚えていないです」と笑顔があふれた。

 昨年は右太もも裏の肉離れを発症し、思うように練習が積めなかった。その影響は大きく、日本選手権で予選落ちする悔しさを味わった。

 このオフは故障完治を優先し、社会情勢を見ながら足を運んだ沖縄で走り込みもできた。日体大4年の17年に2分0秒92を出した実力者が静岡で復活の第一歩を記し、「大学4年のときに国内無敗だったので、同じような年にして五輪につなげられるような走りを意識したい」と晴れやかに語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月3日のニュース