×

羽生 キスアンドクライでのプーさんとの会話が話題「優しい」「プーさんになりたい」

[ 2020年12月27日 01:00 ]

全日本フィギュアスケート選手権第2日、男子フリーの演技を終え、キスアンドクライで笑顔を見せる羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート全日本選手権男子フリーが26日、長野市ビッグハットで行われ、25日のショートプログラム(SP)で103・53点をマークして首位発進した羽生結弦(26=ANA)が新プログラム「天と地と」を披露し、215・83点をマーク。合計319・36点で5年ぶりの全日本制覇を達成した。

 圧巻の演技を見せた羽生だが、キスアンドクライでは、思わぬハプニング。上着を着ようとした時に、プーさんのティッシュケースが椅子から転落。「アッ」と声を上げ「痛かったか、お前。ごめんよ」と謝り、笑いながら拾い上げる姿がテレビで放送された。

 SPの時には得点を待つ間抱えていたプーさんだが、この日は「それじゃあ、お前、ソーシャルディスタンス取っておけ」と、コーチの席に移動させた。その時、テレビに映っていることに気づき「あ~、映ってた」と声を出し、視聴者に向けて手を振った。しかし、その後再び羽生の手の中に戻り、一緒に、5年ぶりの全日本制覇を喜んだ。

 ネット上には、その光景を見たファンから「羽生選手、優しいな」「羽生くん家のプーさんになりたいわぁ」「こっちは感動の余韻で泣いてるのに、羽生くんプーさんと戯れててすっごい可愛かった」「プーさんに話しかける羽生くん可愛すぎでは?」「プーさんとの会話が良かったですね」「このプーさんほんと愛されてるなぁ」という声があふれていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年12月26日のニュース