古江彩佳、通算13アンダーで単独首位 渋野日向子は14位浮上

[ 2020年11月21日 14:49 ]

女子ゴルフツアー 大王製紙エリエールレディース第3日 ( 2020年11月21日    愛媛県 エリエールGC松山=6545ヤード、パー71 )

<エリエールレディス・第2日>17番、3打目をピタリとピンに絡ませる古江彩佳(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 1打差の2位から出た“ミレニアム世代”の古江彩佳(20=フリー)が7バーディー、ボギーなしの64をマークし、通算13アンダーで単独首位に立った。前週の伊藤園レディースで今季2勝目となる通算3勝目を挙げており、2週連続優勝に王手をかけた。

 首位と2打差となる通算11アンダーの2位には67で回った“新世紀世代”の笹生優花(19=ICTSI)。通算8アンダーの3位には菊地絵理香(32=オンワードホールディングス)、通算7アンダーの4位には西村優菜(20=フリー)ら4選手が続いた。

 20位からスタートした前年覇者で“黄金世代”の渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、1ボギーの69をマークし、通算3アンダーの14位に順位を上げた。2度も池に打ち込むも、粘りのゴルフを展開。首位とは10打差で最終日を迎える。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月21日のニュース