橋本五輪相 開会式に言及「選手の視点が一番大事」

[ 2020年11月21日 05:30 ]

橋本聖子五輪相
Photo By スポニチ

 橋本聖子五輪相が20日、定例の閣議後会見を行った。

 18日には東京五輪の開会式について組織委の森喜朗会長が「今までと違ったものにするべきと思う」と入場行進などの簡素化について発言。アスリートの意向をヒアリングする姿勢を示しており、橋本氏は「選手の視点が一番大事。選手の視点を踏まえて、開会式のあり方について検討いただきたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月21日のニュース