ボッチャ日本代表・村上光輝監督 自粛期間中のリモート合宿で連携“密”「東京でメダル獲れる」

[ 2020年11月21日 18:39 ]

ボッチャ東京カップ2021予選会1日目の閉会宣言を行う村上監督
Photo By スポニチ

 脳性まひや重度の四肢機能障がいの選手が対象のボッチャ日本代表・村上光輝監督(46)が21日、オンラインで取材に応じた。

 外出自粛期間中は選手の自宅などをオンラインでつなぐリモート合宿で、縮小版のコートを利用した模擬戦「テーブルボッチャ」などを行い、選手同士のコミュニケーションを図ってきた。10月から東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでの代表合宿が再開されたが、「リモート合宿を通じて、今まで以上に密な連携で仲が深まっていた。新しい技の習得もしているし、来年の東京パラリンピックでメダルを獲れる手応えを感じている」と胸を張った。

 重度の障がいを持つ選手が多いため、代表合宿を行う際には感染対策が徹底されている。全国各地に選手が散らばっており、東京までの移動手段は新幹線内にある個室を利用するか、自家用車での移動のみ。北陸新幹線内には個室がなく、富山に住んでいる選手を村上監督自身で送り迎えをしているという。

 一方、都内で新型コロナウイルスの感染者が再び増加中のため、12月に予定していた代表合宿(4~6日)を中止。6日のみのリモート合宿に切り替え、柔道女子63キロ級で04年アテネ五輪、08年北京五輪2大会連続金メダルを獲得した谷本歩実さん(39)をゲストに招いてミーティングが行われる予定だ。

 16年リオデジャネイロ・パラリンピックで銀メダルを獲得したボッチャチームの目標は、2大会連続のメダル獲得。谷本氏には「連続でメダルを獲るためのメンタルの持って行き方」をテーマに選手と交流するという。村上監督は「谷本さんの話で、気持ちを合わせられるようにしたい」と話した。

 この日は東京・武蔵野総合体育館で「ボッチャ東京カップ2021予選会」が開催された。来年3月に日本代表「火の玉ジャパン」も参加する本戦出場を目指して、障がいがある人もない人も一緒のチームとなって戦う。当初16チームが参加予定だったが、新型コロナの影響で3チームが欠場。会場内はサーモグラフィーの設置や、スタッフによるイスや手すりの消毒が行われ、大会前には日本ボッチャ協会が自費で購入した抗体検査キット(90個)をスタッフに配り検査を行うなど、感染対策が実施された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月21日のニュース