“うたしん”58・74点で首位発進 有観客に笑顔舞い 全日本ジュニア選手権

[ 2020年11月21日 20:47 ]

フィギュアスケート全日本ジュニア選手権第1日 ( 2020年11月21日    青森県八戸市・フラット八戸 )

<全日本ジュニアフィギュアスケート選手権第1日 アイスダンス・リズムダンス>演技する吉田唄菜&西山真瑚
Photo By スポニチ

 アイスダンスのリズムダンスが行われ、昨季の世界ジュニア選手権代表の吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(早大)組が58・74点で首位に立った。今季初戦の西日本選手権は無観客だったが、この日は有観客での演技。目標の60点台には届かなかったが、息の合った演技で「コーラスライン」の世界観を表現し、拍手に笑顔で応えた。

 佐々木彩乃(広島スケートクラブ)、田村篤彦(正則学園高)組が36・85点で2位につけ、山下珂歩、永田裕人組(ともにセント星ケ丘FSC)が33・89点で3位となった。22日にはアイスダンスのフリーダンス、男女ショートプログラムが行われる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月21日のニュース