【玉ノ井親方 視点】照ノ富士、器用さ光ったまわしの切り方

[ 2020年11月21日 05:30 ]

大相撲11月場所13日目 ( 2020年11月20日    両国国技館 )

<11月場所13日目>竜電(右)と競り合う照ノ富士
Photo By スポニチ

 照ノ富士が竜電戦で考えた相撲を取った。最初は得意の右四つではなく、右上手の外四つの形になった。ただ、ここからが今までの照ノ富士とは違う。以前ならそのまま強引に持っていこうとしたはず。だが、この日は自分から右上手を放し、相手の下手を切りにいった。続けざまに出し投げを打って、泳がせて押し出した。

 豪快な相撲が目立つが、実は器用な力士でもある。上手を取る技術に加え、まわしの切り方もうまい。竜電戦は腕の力を使って、強引に切ったように見えるが、最近はまわしを切ろうとする力士自体が少ない。できるのは白鵬と照ノ富士くらいだろう。少々強引でも、それができるだけでもたいしたもの。あす14日目は2敗の志摩ノ海の挑戦を受ける。相手は前傾姿勢を保って、低い姿勢からおっつけを狙ってくるだろう。体を浮かされる場面もあるかもしれないが、まわしを取れなくても慌てないことだ。(元大関・栃東)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月21日のニュース