中田璃士がA男子制覇「90点出てビックリ」全日本ノービス選手権

[ 2020年10月25日 16:53 ]

フィギュア全日本ノービスA男子で優勝し、オンライン取材を受ける中田璃士
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの全日本ノービス選手権の最終日が25日、群馬県前橋市のALSOKぐんまアイスアリーナで行われ、ノービスA男子は中田璃士(西武東伏見FSC)が90・73点で優勝を果たした。3回転ループなどを決め、「1位でとてもうれしい。ちょっとジャンプ失敗したけど、初めてループを降りてうれしかった」と語った。

 目標ラインは85点だったが、それを大きく上回るスコア。「90点が出てとてもビックリ。ビッグな点数が出てビックリしました」と笑った。持ち味は「表現」とし、「いつも陸上で曲の練習をして、下を向いちゃうから上を向くようにして。腕を大きくした」と取り組んだ努力も明かした。現在は3回転フリップ、ルッツ、3回転半を習得中。「来年はいろんなジャンプを跳んで、スピンのレベルを上げたい」とさらなる飛躍を期した。

 2位は田内誠悟(名東FSC)で87・25点、3位は佐藤光(ひょうご西宮FSC)で82・80点だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月25日のニュース