“規格外”新浜 1000メートル国内最高記録V「まさか!?」も「もっと上にいく」

[ 2020年10月25日 05:30 ]

スピードスケート全日本距離別選手権第2日 ( 2020年10月24日    長野市エムウエーブ )

男子1000メートルで国内最高記録を更新し優勝した新浜(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子1000メートルは新浜が国内最高記録を0秒09更新した。

 600メートルの通過は断トツの41秒47。1メートル83、89キロの体を最後までコントロールし、力強さを失わず滑り切った。前日の500メートルは重圧からスタートで出遅れて2位。不完全燃焼に終わった本命種目の鬱憤(うっぷん)を晴らした。リンク脇で見つめた関係者からは「規格外」と感嘆の声が上がり、自身も「まさか」と驚くタイム。「成長を感じた。ここで満足しない。もっと上にいく」と視線を上げた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月25日のニュース