“モデルジャンパー”秦澄美鈴 6メートル24で優勝 女王の貫録見せた

[ 2020年8月24日 05:30 ]

陸上 セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    東京・国立競技場 )

女子走り幅跳び決勝、笑顔を見せる秦(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 <女子走り幅跳び決勝>昨年の日本選手権女王で“モデルジャンパー”秦澄美鈴(24=シバタ工業)が6メートル24(追い風0・7メートル)で優勝した。大舞台で勝ちきる実力もさることながら、所属先のレインブーツのイメージガールを務めるなどルックスにも定評がある。

 現在は助走の改善に着手しているといい「日本選手権までに安定させられたらベストは更新できる。連覇したい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月24日のニュース