畑岡奈紗 最終18番ボギー「アンダーパーが一日もなく悔しい」 収穫は飛距離

[ 2020年8月24日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー AIG全英女子オープン最終日 ( 2020年8月23日    英国トルーン ロイヤルトルーンGC=6649ヤード、パー71 )

12番でショットを放つ畑岡(R&A提供)
Photo By ゲッティ=共同

 最終18番をボギーとし、72で最終ラウンドを終えた畑岡奈紗は「予選通過という目標は達成できたけど、アンダーパーが一日もなく凄く悔しい」と唇をかんだ。この日は4日間で一番風が穏やかだったが、スコアは停滞。9番では1メートルを外してボギーとするなど、「パットとアプローチが課題だった」。

 一方、3度目で初めて決勝に進んだ今大会では「飛距離は伸びているのは実感できたので、安定させれば武器になる」と収穫も。28日からは2年前に米ツアー初優勝を飾ったアーカンソー選手権に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月24日のニュース