女子やり投げ・北口榛花 4投目の最長59メートル38で優勝「ホッとした」

[ 2020年8月24日 05:30 ]

陸上 セイコー・ゴールデングランプリ ( 2020年8月23日    東京・国立競技場 )

女子やり投げで優勝した北口(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 <女子やり投げ>日本記録保持者の北口が貫禄を見せた。今季初戦で新しく取り組む助走にトライ。1投目が失敗スローの50メートル47で始まったものの、4投目にこの日最長の59メートル38を出し優勝した。ただし、66メートル00の自己記録を持つ大器には「優勝してホッとしたけど、記録を狙えない状態と言えども、60メートルを超したかった」と不満顔。昨季までよりも助走スピードを上げる今の投げ方を突き詰めていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月24日のニュース