【パラ水泳】エース木村敬一、環境生かし練習積む

[ 2020年8月24日 05:30 ]

東京パラリンピックあと1年 コロナと闘い夢舞台目指す日の丸戦士たち

東京大会内定の男子エース・木村
Photo By スポニチ

 男子エースで東京大会内定の木村敬一(29=東京ガス、視覚障がいS11)は、18年5月から拠点としてきた米国に思いをはせた。新型コロナの影響で、3月下旬に帰国。再渡米のめどは立っておらず、都内のプールで米国のコーチから送られる練習メニューに取り組む。

 もどかしい状況だが「(米国に)戻れる段階で最後のトレーニングをしたいが、日本でしかできないこともある。その環境を生かさない手はない」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月24日のニュース