松山 ティーショットに苦戦…48位発進も前向き「イーブンで終われたのは良かった」

[ 2020年8月8日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権第1日 ( 2020年8月6日    カリフォルニア州TPCハーディングパーク(7251ヤード、パー70) )

第1ラウンド、10番でバンカーショットを放つ松山英樹。イーブンパーで48位
Photo By 共同

 序盤の3番でチップインバーディーを決めた松山だったが、不安定なティーショットに苦しんだ。

 14ホールで1打目をフェアウエーに置けたのは3回。2バーディー、2ボギーに「イーブンで終われたのは本当に良かった」と振り返った。1打目の乱れを補うのに懸命な展開で、2つのバーディーはともにチップイン。不調の原因について「簡単に言えば力み」と苦しい胸の内を明かす。過去に予選落ちが一度もない相性のいい大会。「しっかり打っても真っすぐ行くように。伸ばしていけるように」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月8日のニュース