松ケ根親方 コロナ陽性…親方の感染2人目、濃厚接触者は確認されず

[ 2020年8月8日 05:30 ]

 日本相撲協会は松ケ根親方(元幕内・玉力道)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子のスカウトで外出するため6日にPCR検査を受けたところ、陽性と判明。7日に都内の医療機関に入院した。発熱などの症状はないという。

 親方の感染は高田川親方(元関脇・安芸乃島)以来2人目。松ケ根親方は両国国技館で行われた大相撲7月場所で、主に館内警備を務めており、場所中は二所ノ関部屋に通っていない。保健所の調査では濃厚接触者は確認されなかったという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月8日のニュース