2年半ぶり幕内 照ノ富士「暴れてやろうという気持ち」

[ 2020年7月10日 05:30 ]

7月場所 19日初日

照ノ富士
Photo By スポニチ

 8年初場所以来約2年半ぶりに幕内に戻る元大関・照ノ富士が電話取材に対応。「暴れてやろうという気持ち」と意欲を示した。

 これまでは腕力を生かした相撲が特長だったが「上半身の力だけじゃちょっと厳しい」と下半身も意識したスタイルになった。一時は序二段まで転落し本気で引退を考えたが「やり切ろう」と再浮上。28歳は「目標を大きく持って自信を持ってやります」と気合たっぷりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月10日のニュース