無症状なら陰性判定が出なくても復帰可…米男子ゴルフのPGAツアー、コロナ対応の新規定発表

[ 2020年7月10日 05:30 ]

 米男子ゴルフのPGAツアーは8日、新型コロナウイルス検査に陽性反応を示した選手やキャディーについての規定を変更し、無症状の場合は条件を満たせば陰性判定が出なくても復帰できることになったと発表した。

 最初に症状が現れてから10日経過した上で、発熱やせきなどの症状が回復してから72時間経過すれば競技に戻れる。感染力がなくても検査で陽性となる場合があることを踏まえた措置。該当選手は単独、または同じ状況の選手と組んでラウンドし、大会会場の屋内施設を利用できない。これまでは陽性反応を示した場合、その後の検査で2度陰性となれば戻れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月10日のニュース