暑い夏でも快適にラウンドを! 画期的な3つの素材搭載…機能性抜群のゴルフパンツが話題

[ 2020年7月10日 05:30 ]

抜群の伸縮性とはっ水性を兼ね備える「ALBERTO Golf」のパンツ
Photo By 提供写真

 夏ゴルフにとっておきのアイテムが登場した。猛暑の中でも快適にラウンドできると注目が集まっているのが「ALBERTO Golf」のパンツだ。

 1922年創業のパンツブランドは、さまざまなニーズに対応し、ジッパーの音にまでこだわった究極のパンツ作りを追求してきた。カッティング技術と素材選び、パンツ作りへの知識と情熱には定評があり、現在は4つのコレクションを展開。50種類を超えるシルエットで、日本を含め世界42カ国以上で好評を得ている。

 輸入販売を行うグレンコーポレーションの島宗広司代表取締役社長は「履いていない感覚のストレスフリーな伸縮性とレインパンツに匹敵するはっ水性に富んでいます。ウエスト部と右の後ろポケットにはシリコンストッパーを備え、シャツのずり上がりやスコアカード、グローブなどの落下を防ぎます」と魅力を語った。

 2020春夏モデルには画期的な3つの素材が搭載。まずは通気性とダイナミックな伸縮性、形状保持機能などを合わせ持つ高機能ファブリック「Revolutional」だ。薄さと軽さを兼ね備え、速乾性がある素材は夏にぴったり。「糸の構造」、「製造工程」の2つで特許を取得しており、今シーズン大注目の素材だ。

 続いては、定番素材の「3×DRY Cooler」。表と裏で別の機能を備えており、表地は高いはっ水性と通気性を、裏地は汗をすみやかに吸収し外へ発散するつくりになっている。気化熱による冷却効果が体温の上昇を抑え、自然な身体の動きを長時間サポート。水分を外に透過させ着衣内の温度をコントロールし、速乾性にも優れているので汗が繊維に残らず、いつでもさわやかにプレーできる。

 最後は涼感素材「CERAMICA」だ。ハイテクファイバーの働きにより優れた温度調節機能を実現。抗アレルギー作用やUVプロテクションも兼ね備えており、魅力的な機能が数多く備わっている。

 ロングパンツはシンプルなカラーリングでシックに、日本人にも合うレングスに仕上がったハーフパンツは豊富なデザインでカラフルに履きこなすのがおすすめ。この夏はゴルフ場でも映えること間違いなしのパンツでコースへ飛び出そう。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月10日のニュース