奥原希望 バド協会の対応に不満「当事者への連絡や確認が先」 14日間自宅待機要請で

[ 2020年3月19日 13:20 ]

バドミントン女子シングルスの奥原希望
Photo By スポニチ

 世界4位で2大会連続の五輪出場を決めている、リオ五輪バドミントン女子シングルスの銅メダルの奥原希望(25=太陽ホールディングス)が19日、自身のツイッターを更新。バトミントン協会から14日間の自宅待機要請された件で、直接選手に連絡が来なかったことへの不満を吐露した。

 日本バドミントン協会は18日、新型コロナウイルスの感染が欧州まで拡大している状況などを総合的に判断し、15日閉幕の全英オープン(英バーミンガム)から17日に帰国した日本代表選手や同行スタッフらに2週間、自宅などで待機を要請したと発表。原則外出を避け毎日の検温などで健康状態の把握に努めるように求めている。

 奥原はこのプレスリリースの画像を添付したうえで「なぜ先に連絡されないんだろう」と首をひねり、「どうしたらいいのか何もわからない。大事な情報を私達選手はネットで知ることが多々ある」と不満を記した。さらに「ネットで発表する前に当事者(スタッフや選手)への連絡や確認が先じゃないのかな」と続け、「元々2.3日自宅待機だったから明日から練習の予定だけど...どうなるの?」とつづった。

 日本代表は渡航情勢を考慮し、当初は4月下旬まで海外にとどまって大会を転戦する予定だったが、世界連盟が4月12日までのワールドツアー中断を発表したため、急きょ日本に戻った。12日に始まる見込みの代表合宿までは各所属先で調整する予定となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月19日のニュース