千代丸、コロナ陰性で再出場も元気なく…琴奨菊に完敗

[ 2020年3月19日 05:30 ]

大相撲春場所第11日目 ( 2020年3月18日    エディオンアリーナ大阪 )

琴奨菊(右)に寄り切りで敗れた千代丸(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 再出場の千代丸は琴奨菊に寄り切りで敗れ復帰戦を飾れなかった。高熱が続いて新型コロナウイルスのPCR検査を受けたが、陰性と判断され4日ぶりに土俵に上がった。

 ただ、左足蜂窩(ほうか)織炎による高熱の影響もあり、幕内土俵入りの際もうつむき気味で元気がなかった。取組でも相手の押しに抵抗できず、あっさり後退した。支度部屋を出る際に取材エリアで報道陣に声を掛けられたが、無言で会場を後にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月19日のニュース