聖火“お迎え機”出発 森会長に代わり井本直歩子さんが引き継ぎ式参加

[ 2020年3月19日 05:30 ]

空港職員に見送られ、アテネへ出発するTOKYO2020号(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 ギリシャで採火された聖火を日本に運ぶ特別輸送機TOKYO2020号がこの日、羽田空港から出発した。19日にパナシナイコ競技場で聖火の引き継ぎ式が行われるが、ギリシャ政府による入国制限措置で渡航を見合わせた組織委の森喜朗会長に代わり、96年アトランタ五輪競泳代表の井本直歩子さん(43)が参加することになった。

 ギリシャ・オリンピック委員会のカプラロス会長から“日本代表”として聖火を受け取る。井本さんは現在、国連児童基金(ユニセフ)教育専門官としてギリシャで難民教育支援に従事しており、組織委からの要請を快諾した。聖火は20日に宮城県の航空自衛隊松島基地に到着する予定。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月19日のニュース