貴景勝 大関昇進後初の3連敗 逆転負けに「決めきれなかった」

[ 2020年3月19日 05:30 ]

大相撲春場所第11日目 ( 2020年3月18日    エディオンアリーナ大阪 )

阿炎(右)に押し出しで破られる貴景勝(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 貴景勝が阿炎に敗れて6敗目。立ち合いで阿炎のもろ手突きをかわして押し込んだものの、土俵際で詰め切れずに逆転負けした。大関昇進後、自己最悪の3連敗に「決めきれなかった。自分の中では力を発揮しているが、なかなか(力が)伝わらない」と首をかしげた。

 12日目は竜電戦。最後に対戦した昨年九州場所では立ち合いで変化されて敗れている。「横綱2人残して6敗しているわけだから相当、難しい」と弱気な言葉が口をついた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月19日のニュース