卓球女子 美宇、逆転代表へ気合「向かっていくだけ」

[ 2019年12月12日 05:30 ]

12日開幕 卓球グランドファイナル ( 中国・鄭州 )

平野美宇
Photo By スポニチ

 逆転で女子シングルスの五輪代表を狙う平野は、10月のドイツ・オープンで敗れ、通算1戦1敗の王芸迪と1回戦でぶつかる。今季の成績では相手の方が上位とはいえ、他の中国の有力選手に比べれば実績の劣る選手で「向かっていくだけ。チャンスはなくはない」と気合を入れた。直前にカナダで行われた下部ツアーで石川に敗れ、最後の戦いに挑む。「負けたので思い切ってできるかな」と吹っ切れた様子で話した。

 ◇東京五輪代表選考 シングルス代表は来年1月2日発表の世界ランキングで上位2人が選ばれる。ランキングは成績上位の年間8大会のポイントとボーナスポイント(T2ダイヤモンド)の合計で決定。団体戦の3人目についてはシングルス選手との相性などを考慮して日本協会の強化部が推薦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月12日のニュース