卓球女子 佳純に大きな壁…世界女王と初戦激突 五輪へ残り1枠の争い

[ 2019年12月12日 05:30 ]

グランドファイナルに向けて調整する石川
Photo By 共同

 卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは、12日に中国の鄭州で開幕する。11日は各種目の組み合わせが決まり、シングルスの女子1回戦は東京五輪日本代表の残り1枠を争う石川佳純(全農)が世界女王のリュウシブン(中国)、平野美宇(日本生命)は世界ランキング18位の王芸迪(中国)との対戦が決まった。

 石川に大きな壁が立ちはだかった。相手は通算11戦全敗の難敵。抽選では、欠席した石川に代わって母・久美さんがくじを引いた。

 今大会では、2人が同じ成績なら石川が代表の座をつかみ、平野が上位で終われば平野に決まる。「誰と当たっても強い選手しかいないので、くじ運というのもないと思う。攻めきる気持ちを持ってプレーしたい」と話していた石川が集大成の一戦に挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月12日のニュース