大江香織 ツアー一時撤退を発表 引退は否定

[ 2019年11月12日 13:42 ]

大江香織
Photo By スポニチ

 女子ゴルフで昨年のミヤギテレビ杯ダンロップ女子などツアー3勝を挙げている大江香織(29=アルプスアルパイン)が15日開幕の伊藤園レディースを最後にツアーを離れ、一旦これまでのキャリアに区切りを付け、第二のゴルフ人生をスタートさせることになった。12日、マネジメント事務所が発表した。

 山形県出身の大江は2009年にプロテストに合格。12年のフジサンケイ・レディースツアー初勝利を挙げるなど、11年から9年連続でシードを守っていたが、今季はトップ10が1度で賞金ランクも87位に低迷。来季のシード権獲得は厳しい状況だが、来季の出場権を懸けた最終予選会にも出場しない。

 マネジメント事務所は「ケガとかではありません。来季は下部ツアーにも出ませんが、プロゴルファー大江香織としては活動を続けます」と引退は否定した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月12日のニュース