石川佳純 W杯歓声に感銘 五輪へ闘志「ひたすら攻め続けたい」

[ 2019年11月12日 05:30 ]

卓球・女子の石川佳純
Photo By スポニチ

 卓球女子の石川佳純(26=全農)がオーストリア・オープンとT2ダイヤモンド(シンガポール)に向け、羽田空港を出発した。

 前日までのJA全農W杯団体戦ではシングルス、ダブルスで銀メダルに貢献。東京五輪の会場で大声援を受け「またここで試合がしたいと思った」と3大会連続の五輪出場へ決意を新たにした。伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)と2枠を争うシングルスの代表選考レースは残り約1カ月。現在3番手で正念場を迎える石川は「最後は気持ち。リードしていてもリードされていてもひたすら攻め続けたい」と強調した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月12日のニュース