渡利璃穏が引退へ リオ五輪代表、悪性リンパ腫闘病から復帰も

[ 2019年11月12日 20:09 ]

 レスリング女子の2016年リオデジャネイロ五輪75キロ級代表で悪性リンパ腫(血液のがん)からの復帰を果たした渡利璃穏(28=アイシンAW)が現役を引退する意向であることが12日、関係者の話で分かった。

 渡利はリオ五輪後に悪性リンパ腫が判明。闘病して復帰戦となった昨年6月の全日本選抜選手権で68キロ級の頂点に立ち、世界選手権代表となった。東京五輪出場も目指していたが、調整に苦しんでいたという。

 島根県出身の渡利は愛知・至学館高、至学館大を経て、14年仁川アジア大会63キロ級で金メダルに輝いた。階級を75キロ級に上げ、リオ五輪の代表切符をつかんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月12日のニュース