姫野、大谷から刺激受ける W杯で“FW版サイクル”狙う

[ 2019年6月15日 05:30 ]

大雨の中、夜間にグラウンドで練習する姫野(左ら)らFW陣
Photo By スポニチ

 宮崎合宿中のラグビー日本代表は14日、宮崎市内で5日目の練習を行った。降雨で内容が一部変更されたが、連日の3部練習で追い込んだ。No・8の姫野和樹(24=トヨタ自動車)は、同世代で親交のあるメジャーリーグ・エンゼルス大谷に刺激を受けた様子。サイクル安打達成のニュースを知り「さすがだなと。負けてられない」と気合を入れた。

 ともに94年7月生まれの2人は昨冬、関係者を通じ初めて食事に行き、練習法など熱く語り合ったという。「いいところを吸収したい」と語る姫野がW杯本番で目指すはトライ、ジャッカル(ボール横取り)、スチール(ラインアウトの相手ボール奪取)の“FW版サイクル”達成。「現実的には、そんな感じでしょう」と笑顔で語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月15日のニュース