田中刑事の新SPは“あかるい刑事”!? 「事件発言」の真意も語る

[ 2019年6月15日 17:41 ]

岡山県スケート連盟創立50周年の集いに出席したフィギュアスケートの田中刑事(左)と高橋大輔
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの田中刑事(24=倉敷芸術科学大大学院)が「事件発言」の真意を明かした。

 前日14日に行われた倉敷市内での西日本豪雨災害復興チャリティー・トークショーで、新シーズンのフリーのテーマを聞かれ「事件」と語っていた。一夜明けた15日、地元倉敷市で行われた岡山県スケート連盟創立50周年の集いに出席。終了後に、前日の発言を聞かれ「ひねって、ひねって言いました。ひねらないとばれちゃうので」と語った。曲名、それもサブタイトルようなものが「事件」と関係するようだ。

 振り付け師は、フリーが宮本賢二氏で、4回転ジャンプを3本跳ぶ構成で既に練習を始めている。

 ショートプログラム(SP)は、昨季同様、イタリア人のマッシモ・スカリ氏に依頼。16日に渡米し、振り付けに入る。曲については「昨年はダークな感じだった。次はポップな感じが来ればいいなという願望があります」と語り、“あかるい刑事”への意欲を見せた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月15日のニュース